読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命保険が必要となる場合

生命保険といえば、万が一の場合、残された家族の生活を保障するものとなります。しかし、誰もが、生命保険を必要としているとはいえません。たとえば、独身であったり、既婚者であっても、子どもがいなかったりする場合には、生命保険は加入しなくてもいいでしょう。

さて、生命保険が必要な場合というと、子どもが小さくて、これから教育費などがかかるといった場合でしょう。子育てには、多くのお金が必要になります。また、教育費というものも、やはり、高額になるのです。残された家族が、子育てなどで困らないようにするためには、やはり、生命保険は有効な手段なのです。

そして、子育てが終了すれば、手厚い保障は不要になります。こう考えると、生命保険については、いわゆる定期保険のほうがお得かもしれません。子どもの教育費というものは、一生涯の支出の中で、大きなウエイトを占めます。そんなことからも、生命保険というものは、子育て期間の保障金額について、重点をおくべきでしょう。