読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生命保険はライフステージに応じた見直しが必要です

生命保険の中で、死亡保険はライフステージに応じて見直しする必要があります。

結婚を機会に加入し、子供の成長に合わせて万が一の場合の教育費に充当するため保障額をアップし、
やがて子供が独立すると高額の保障は不要となる為、保障額を下げて掛け金を引き下げると言った見直しを、3,4回行うのが適切です。

掛け捨ての死亡保険の場合でも、保障額をアップする見直しは保険会社の勧めで行う事が多いものですが、
子供が独立した時に保障額を下げると言う見直しをする人は少なく、不必要に高額の保険に加入し続けているケースが多いものです。

ライフステージに対応して生命保険の見直しをこまめにするのができない人には、収入保障保険と子供の教育費は学資保険で手当すると言った方法を活用するのがお勧めです。

収入保障保険は、万が一死亡した場合、例えば60歳までと言った契約期間、一定の金額が月々支払われるものです。これなら、残された遺族も生活の基礎収入が明確で、万が一の場合の対処方法も考え安いものです。

また、子供の教育費用は必要なものであり、貯蓄型の学資保険で準備する方が合理的と言えるでしょう。

最近では様々な生命保険に類する商品が販売されており、保険ショップなどで中立的な意見をもらって最適な手当てをするのが良いと言えるでしょう。