読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

室内菜園のお話

少し前にホームセンターで買った家庭菜園キットがあるんです。
キットと言っても大げさなものでは無くて、タンブラーほどの植木鉢にパラパラと種を蒔く感じです。
初心者向けで簡単に出来ると言うことで、チンゲン菜を育てていたのですが、
思った以上にグングン育ってきてびっくりです。
スーパーに並ぶような大きな物じゃなくて、ちっちゃいサイズの物が収穫できるらしいんですよ。
種を蒔いて、目が出て双葉が出たあたりで間引きをするようにと説明書にはあったのですが、
せっかく生えてきたものを抜いちゃうって、なんだか可哀想な気がしませんか。
なので、間引いたのは他に容器を用意してそっちへ移し替えてそのまま育ててたんですよ。
そしたら移し替えたものの方がなぜか良く育ちましてね、こっちでもまたそろそろ間引きをしなくちゃいけないなと言った具合になってます。
でも、もとの鉢で育ててた物はあまり元気が無い感じなんですよね。
成長はしてるんだけど、植え替えたものにくらべて勢いが無い感じがするんです。
なんだろ、やっぱり土が違うのかな?
花用の土と、野菜用の土とでは生育にこんなに違いが出る物なのでしょうか。
とりあえず、あまり育ってない方には液体肥料を足して様子を見ようと思います。